Yoshikuni 物語 vol5

 「いやー、やっぱいいねそれ!そんなグラフィックもあるんだ」。

 

 インディーズバンドでメジャーデビューを目指す一方、俳優としても働くケンイチ(21)。人気ドラマ「東京ストリート」のエキストラ面接に緊張の面持ちで訪れたが、テレビ局スタッフの興味はYoshikuniのロンTにばかり向いていた。

 

 「おれもいろんなの着てきたけどさぁ、やっぱり新しいブランドにも目を向けないとな。君もそう思うでしょ? 侍とか、新しい試みだよね~」とスタッフ。既にエキストラに合格した友人のユウスケが着ていたのを見て、ブランドのサイトを読んだようだ。

  「は、はい。そうですね…」。ケンイチは複雑な表情でうなずく。

  「あの有名ブランドと同じ工場で、吊り編み機で編んでるから肉厚らしいね。要チェックだねぇ。…んで君、合格ね」

  スタッフの言葉に、唖然とするケンイチ。何はともあれ、人気ドラマへの出演が決まったのだった…。

×  ×  ×

 

 私たちが想像する、Yoshikuniを着る人々の物語を定期的にアップしていきます。

 

>>>Yoshikuni物語  へ続く